1. ホーム   >>
  2. Web漫画サイト構築   >>
  3. 公開の心構えとセキュリティリスク

Web漫画サイト構築


●公開の心構えとセキュリティリスク

ここまで来たら、Webサイトのオープンはもう目前となったが、サイトオープン前に確認しておくことがある。

  • 公開する漫画の内容、表現は、子供からお年寄りまで、老若男女誰に読まれても、見られても問題ないものかどうか。もし問題があるのなら、その旨を目立つところに注意書きするなどして、見たくない人の目に触れないよう配慮する必要がある。
  • 漫画に限らず、サイト内に置かれているコンテンツの内容は、多くの人の目に触れるに際して適切なものであるか。

私でも、Webサイト公開前にこれくらいのことは考えた。
Webサイトのコンテンツは、何も考えずに公開してしまうと、他人や社会に悪影響を及ぼす可能性もあるものだ。
このサイトのコンテンツがそういう面において完璧、と言える自信はないが、そういったことを一切何も考えないで公開、というのは初めてのWeb公開と言えども、イカンのではないかと思う。

もう1つの確認は、セキュリティ。
Webサイトを公開し、運営するようになれば、ネットとの接点もより大きくなり、リスクも増える。

本サイトでも運営者情報としてWebページにメールアドレスを記載しているが、世の中にはWebに公開されているメールアドレスを集めて回るボット、なんてものも存在するようなので、迷惑メールが増加するかもしれないと言ったリスクは覚悟の上でのメールアドレス公開になる。
※メールアドレスを画像で掲示したり、@を★に変えておいて読み替えしてもらったり、といった対策があるようですが、私はやっていないので効果の程はよく分かりません。

コンピュータウイルスに感染するリスクも増加するので、アンチウイルスソフトもWebサイト公開に先立って改めてインストールした。
アンチウイルスソフトをインストールしただけで安心していてはいけないが、自分で出来るセキュリティ対策としてアンチウイルスソフトのインストールは手軽な部類だ。その他も含めて自分に出来るセキュリティ対策ははやっておいた方が良いと思う。

自分が関わる情報の一部がインターネットに露出するということはリスクも含むものだと思うので、そういうリスクを少しでも負いたくない人は、Webサイトの公開について今1度よく考え直してからにすることをおすすめします。



Web漫画サイト構築 トップページに戻る

富士宗 孔 オンラインコミック トップページに戻る

広告

広告

サイト内でよく読まれているページ