1. ホーム   >>
  2. Web漫画サイト構築   >>
  3. HTMLにlintをかける

Web漫画サイト構築


●HTMLにlintをかける

HTMLがひと通り出来上がったら、HTML-lintをかけて見ることをお勧めする。
lintというのは、プログラム言語であるC言語の世界で、ソースプログラムに詳細で厳密なチェックをかけるツールのことだ。
今はそれが派生して、C言語以外のプログラム言語での文法チェックツールもlintと呼ばれている。

HTMLの世界では Another HTML-lint というのが有名だそうで、Webサイト上でHTMLのチェックが行える。

実際にHTML-lintをかけてみると、ブラウザ上での表示や動きには何の問題もなくても、タグの閉じ忘れとかがいくつも指摘されたりして「あれ〜っ?」となる。
私は重大なミスもいくつもこのlintに指摘してもらった。手打ちでHTMLを作成しているのなら、かけてみた方が良い。
※指摘事項を全て直さなければいけない、という訳ではない。明らかなミスだけ直して、ほぼ影響ないだろうと思われるところはそのままでも良いと思う。現に私もそうしている。

ちなみにホームページ作成ツールを使っていて、ツールがHTMLを出力してくれる場合には、ツールがHTMLに責任を持ってくれている筈なのでHTML-lintをかける必要はない。
かけてみても良いが、指摘された部分をホームページ作成ツールを使って修正するのはなかなか困難ではないかと思う。ただ、ホームページ作成ツールがどれほど正しいHTMLを出力してくれているのか確認してみるのも面白いかも知れない。



Web漫画サイト構築 トップページに戻る

富士宗 孔 オンラインコミック トップページに戻る

広告

広告

サイト内でよく読まれているページ